リボ払いの恐怖!金利を理解せず利用するのは危険

「月々の支払金額を抑え、毎月負担なく支払いができる」というリボ払い。
多くのカード会社が多くの広告費を払い、消費者にリボ払いを進めているイメージがあります。

更には、多くのクレジットカード会社がキャンペーンをしていて
・リボ払いを利用しるとポイントプレゼント
・初めてリボ払いを利用した人に現金プレゼント
などといった、利用者にリボ払いを選択するとお得です!とアピールしています。

何故、これほどまでにリボ払いを勧めるのでしょうか。
理由は、儲かるからです。

誰が儲かる?

クレジットカード会社が儲かるからです。

リボ払いの金利は「複利計算」というもので、一般的なローンの金利と計算方法が違います。
このリボ払いの金利についてまとめていきたいと思います。

リボ払いの金利「複利計算」とは?

複利計算とは、複利法によって計算されています。

この複利法は、

・初年度の支払い
(利用した金額) に利子が付く

・翌年以降
利用した金額+前年度分の利子分)に 利子が付く

というものです。

利用した金額(元金)だけでなく利子分にも利子がつくという計算方法です。

利子がどんどん増える、というあたりが

「雪だるま式に借金が増える」

という最悪なパターンに繋がっていきます。

リボ払いを具体的な金額で考えてみる

シナリオがあったほうがわかりやすいので、
「一人暮らしを始める際の費用にカードを利用しリボ払いを選択した」
ということにしシュミレーションしていきます。

引っ越し費用でリボ払いを利用した場合

日付 用途 金額
2019/3/15 賃貸契約初期費用 500,000円
2019/3/20 架電一式 200,000円
2019/3/31 引っ越し費用 30,000円

支払額の合計

利率:15%
支払元金:15,000円

お支払い元金(合計) 730,000円
お支払い手数料(合計) 225,645円
お支払い合計金額 955,645円(内手数料 225,645円)

使った金額は、730,000円ですが、支払金額は988,645円になります。
手数料として、225,645円も余分に支払うことになります。
リボ払いを利用する際に、この手数料分をきちんと計算して利用している人がどれくらいいるでしょうか。

月々の支払金額と内訳

支払期間:2019年4月~2023年4月(4年間!!!)

支払い月 元金 手数料 返済額 残元金
2019年4月10日 15,000 7,800 22,800 715,000
2019年5月10日 15,000 8,815 23,815 700,000
2019年6月10日 15,000 8,917 23,917 685,000
2019年7月10日 15,000 8,445 23,445 670,000
2019年8月10日 15,000 8,535 23,535 655,000
2019年9月10日 15,000 8,344 23,344 640,000
2019年10月10日 15,000 7,890 22,890 625,000
2019年11月10日 15,000 7,962 22,962 610,000
2019年12月10日 15,000 7,520 22,520 595,000
2020年1月10日 15,000 7,580 22,580 580,000
2020年2月10日 15,000 7,389 22,389 565,000
2020年3月10日 15,000 6,733 21,733 550,000
2020年4月10日 15,000 7,006 22,006 535,000
2020年5月10日 15,000 6,595 21,595 520,000
2020年6月10日 15,000 6,624 21,624 505,000
2020年7月10日 15,000 6,226 21,226 490,000
2020年8月10日 15,000 6,242 21,242 475,000
2020年9月10日 15,000 6,051 21,051 460,000
2020年10月10日 15,000 5,671 20,671 445,000
2020年11月10日 15,000 5,669 20,669 430,000
2020年12月10日 15,000 5,301 20,301 415,000
2021年1月10日 15,000 5,286 20,286 400,000
2021年2月10日 15,000 5,095 20,095 385,000
2021年3月10日 15,000 4,430 19,430 370,000
2021年4月10日 15,000 4,713 19,713 355,000
2021年5月10日 15,000 4,376 19,376 340,000
2021年6月10日 15,000 4,331 19,331 325,000
2021年7月10日 15,000 4,006 19,006 310,000
2021年8月10日 15,000 3,949 18,949 295,000
2021年9月10日 15,000 3,758 18,758 280,000
2021年10月10日 15,000 3,452 18,452 265,000
2021年11月10日 15,000 3,376 18,376 250,000
2021年12月10日 15,000 3,082 18,082 235,000
2022年1月10日 15,000 2,993 17,993 220,000
2022年2月10日 15,000 2,802 17,802 205,000
2022年3月10日 15,000 2,358 17,358 190,000
2022年4月10日 15,000 2,420 17,420 175,000
2022年5月10日 15,000 2,157 17,157 160,000
2022年6月10日 15,000 2,038 17,038 145,000
2022年7月10日 15,000 1,787 16,787 130,000
2022年8月10日 15,000 1,656 16,656 115,000
2022年9月10日 15,000 1,465 16,465 100,000
2022年10月10日 15,000 1,232 16,232 85,000
2022年11月10日 15,000 1,082 16,082 70,000
2022年12月10日 15,000 863 15,863 55,000
2023年1月10日 15,000 700 15,700 40,000
2023年2月10日 15,000 509 15,509 25,000
2023年3月10日 15,000 287 15,287 10,000
2023年4月10日 10,000 127 10,127 0

リボ払いは「毎月の支払額を抑えて利用できる」というメリットがありますが、

なんと支払いが完了するまでに4年間もかかってしまいました。

他の買い物をしない前提で計算したので、
ここに普段買い物した金額も上乗せするともっと支払い期間が延びます。

永遠に終わらない支払いはこうしてつくられていくのですね・・・

リボ払いって、結構利用している人多いと思います。

カードローンと違って、抵抗のないクレジットカード利用ですが
「支払金額を少額」に設定しすぎると、利息分しか払っていないことになり

「一生支払いが終わらない」

という事態になります。

皆さん、きちんと管理して私の様に債務整理を検討するという事態にならないでくださいね。

本当に、金利について理解してから利用するべきだったと、
今更ながら猛省しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です