息子の優しさにジーンときた話

今日は土曜日でしたが台風12号の影響で子供と引きこもりの日でした。

早めに夕飯を済ませ、
夕食後、子供はおもちゃで一人遊び私はスマフォで調べ物をしながら過ごしていました。

息子は、一人っ子なので一人遊びが得意です。
そして、私が家で仕事をしているということも理解しているので
スマフォチェック中やパソコンに向かっている間はおとなしく一人で遊んでいてくれます。

その時私は、スマフォで趣味(これから趣味にしたいなぁという感じ)のキャンプ用品について調べていました。
で、お腹もいっぱいになったし突然眠気に襲われ寝落ちしてしまいました。

寝落ちした私を見て、子供は

「ママが寝ている=具合が悪い!」

と勘違いしたようで

「ママ、大丈夫だからね」
と何度も私の頭や体をさすり、看病してくれました。笑

優しく体をさすってもらうことが心地よすぎて、それから1時間寝かせてもらいました笑
(具合全然悪くないけどw)

そして息子の
「お水持ってきたから水分補給しようね」
という声かけで起きました。

起きた私を見て、得意げにお水をここまで持ってきた方法を説明し始めます。

息子は、まだ水道に手が届かないしコップも自分では取れません。
台を使って、水道で手を洗い、コップを取り水と氷を入れ、テーブルにそーっとこぼさないように置いた!

という手順を3回ほど説明してくれました。

「ママが具合悪いときは、僕が看病するから安心してね」

とまだ4歳なのに、なんという優しい言葉かけ・・・
もう息子の頭が擦り切れるんじゃないかというぐらい撫でまわし褒めました。

うちの息子は、体が弱く入院や体調不良で保育園に全く行けない月が多い子でした。

そのたびに、仕事を休んで子供の看病に専念していた私の気持ちと、
今日息子が私の看病をしたときの気持ちって多分一緒ですよね。

「大事な人を守りたい」

そんな風に思ってくれたのかなと思ったら嬉しくなりました。

有給がなくなって欠勤が続き、お給料も10万程度しか入らず、
生活がきつかったけどこんなに優しい子に育ってくれたならそれでいいや。

嬉しくて涙が出そうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です